モータースポーツの様々な情報!

ラリーもプロモーションも、いいナビゲーションが大切です!

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

モータースポーツの世界でも、

さまざまな改革が進められているが、

世界ラリー選手権(WRC)も例にもれず、

WRCのプロモーションを務める、

その名もWRCプロモーターでは、

シリーズ活性化に向けて各種の変更を実施した。

 

 

 

 

そのひとつとして、今季のモンテカルロ・ラリーでは、

各チームのサービスに設置された固定カメラからの映像を、

ラリー会期中、常時流し続けて公開するという、

新たなファンサービスを実行した。

 

 

 

 

ところがこのサービス、

「クルマが入っている時だけという話だった」 という、

マニュファクチャラー側の主張と、真っ向から対立。

 

 

 

 

当初、鳴り物入りでスタートしたこのサービスだったが、

初めからつまずく形となってしまった。

 

 

 

 

さらにその後も、WRCイベントが放映される、

テレビ局のリストを、マニュファクチャラー側が、

いくら求めても、WRCプロモーターからの提出がない等、

不満が噴出。

 

 

 

 

ついにポルトガルでは、フォルクスワーゲンチームが、

セバスチャン・オジエ、ヤリマティ・ラトバラのコンビに、

 

 

 

 

「WRCプロモーターのテレビクルーからの

取材には一切答えるな」

と、指示を出す事態にまで深刻化した。

 

 

 

 

問題解決のため、急遽ミュンヘンにて、

WRCプロモーターと、各マニュファクチャラーによる、

会合が開催。

 

 

 

 

この会合に参加した関係筋によると、

イギリスのオートスポーツ誌のインタビユーに対し、

 

 

 

 

「間違いなく前進はあったし、

会合の内容には誰もが、

ポジティブな印象を持ったと思う」

 

 

 

 

と語った委員がいたことが分かった。

 

 

 

 

「正直に言えば、これ以上、事態が悪化することは、

ないというほど状況は悪かった。

ポルトガルでは、悪い雰囲気が漂っていた。

でも今は、プロモーターとマニュファクチャラー間の、

理解は深まったと思う。やることは山積みだが、

最初の一歩としては、まずまずだ」

 

 

 

 

期待を担ったプロモーターと、

その手腕に満足していないマニュファクチャラー。

このラリーのゴールは、まだまだ遠いかもしれない。

 

 

 

 

 

 

記事一覧!