モータースポーツの様々な情報!

HONDAの欧州モータースポーツ戦略!

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

現在、ホンダは、FIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)に、

ワークスチーム、『ホンダ・レーシング・チーム J.A.S.』 として、

2台のシビックWTCCを投入している。

 

 

 

 

このWTCCへの来シーズンから本格的に始動するF1プログラムが、

このWTCCへの2台参戦態勢に及ぼす影響について、

ホンダサイドは、「全く影響はない」 と述べている。

 

 

 

 

FIA世界ツーリングカー選手権の、2012年の鈴鹿ラウンドから

栃木県の、本田技術研究所で専用開発された、

直列4気筒1.6リッター直噴ガソリンターボエンジンを、

イタリア・ミラノに拠点を置く、J.A.S.モータースポーツが、

開発・製造した車体に搭載。

 

 

 

 

このJ.A.S.モータースポーツが、

チームオペレーションも行っている。

 

 

 

 

ホンダのWTCCプログラムは、

2008年、ホンダがF1撤退を決定して以降、

ヨーロッパにおける唯一のワークス活動だったが、

2015年からは、マクラーレンのパワーユニットサプライヤーとして、

再びF1に復帰することが決まっている。

 

 

 

 

このような現状から、F1復帰がWTCCプログラムに与える影響が、

各方面で早くから叫ばれていたが、

ヨーロッパ・ホンダのモータースポーツマネージャーである、

ウィリアム・デ・ブラーケレールは、

 

 

 

 

「F1とWTCCは、

まったく異なるふたつのプログラムだと考えている」

 

 

 

 

と語り、さらに、

 

 

 

 

「F1は、すべてのモータースポーツにおける、

非常に大きな傘のようなものだと考えている。

現時点でプログラムの終了は見ていない」

 

 

 

 

と、現状の維持を示唆した。

 

 

 

 

 

 

記事一覧!