モータースポーツの様々な情報!

砂漠の国のウインターカップ開催へ!

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

F3には、国内シリーズとは別に、

オランダやマカオなどで、世界のF3ドライバーが参加する、

言わば世界F3王座決定戦のような特別なレースがあり、

このレースはF1ドライバーの登竜門となっている。

 

 

 

 

F3のエンジンは、排気量2000ccまでで、

年間2500台以上生産された、FIA公認のもの。

 

 

 

 

最大出力は、1996年までは170〜180馬力程度に、

抑えられていたが、1997年からリストリクター径が拡大され、

エンジン出力は一気に、200馬力まで引き上げられ、

より迫力ある、ハイスピードなレースが展開されるようになった。

 

 

 

 

日本のF3で主流となっているのは、

トヨタ、無限ホンダ、日産のエンジンなどで、

ヨーロッパではオペル、ルノー、メルセデス等が参戦。

 

 

 

 

このようにF3では、世界の主要自動車メーカーのエンジンが、

ベースとなっている。

 

 

 

 

FIAはこのF3に、新たにウインターカップを創設し、

中東で開催することを検討している。

 

 

 

 

今回の中東でのウインターシリーズ開催の目的は、

ズバリ、F3チームの収益改善にあり、

ヨーロピアンF3選手権の創設に携わった、

かつてのF1ドライバー、ゲルハルト・ベルガーも、

今回のウインターカップ創設に積極的に関わっている。

 

 

 

 

例年、マカオ・グランプリ後のクリスマス前に、

スペインとポルトガルを舞台に行われてきた、

チームテストに代わって、この新たなシリーズが、

12月と1月に、中東に立ち寄る形で開催されれば、

チームは年間を通して異なるドライバーに、

マシンを走らせる機会を与えることができる。

 

 

 

 

「すべてのドライバーにとって、

このウインターシリーズの開催は、

チームテストでの走行より遥かにメリットが大きい。

 

 

 

私はドライバー達に、

できるだけ多くの練習時間を与えたいと思う。

そしてチームにとっても、レースを開催によって、

財政的基盤をより強くすることもできる」

 

 

 

 

と、ウインターシリーズ開催への意欲を、ベルガーは熱く語った。

 

 

 

 

 

 

記事一覧!