モータースポーツの様々な情報!

インディーカーの国のF1チーム!

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

アメリカのモーターチームが、再びF1の地に戻る日が...!?

 

 

 

 

 

自動車レース、フォーミュラーワンを統括する、

国際自動車連盟(FIA)は、

4月11日、モロッコで、

『世界モータースポーツ評議会』 を開催し、

 

 

 

 

アメリカのモーターレース、NACCAR(ナスカー)チームのオーナー、

ジーン・ハース氏が所有する、

自動車チームのF1加入申請を承認したと発表した。

 

 

 

 

Fi参戦といえば、我が、日の丸F1ブランド、『HONDA』 が、

2015年からエンジンサプライヤーとして、

マクラーレンと組んでの復帰が、

昨年正式発表されたことが記憶に新しい。

 

 

 

 

レギュレーションが大幅に改革された今年のF1は、

排気量やデザインなど、で昨年までとは大きく様変わりを見せている。

 

 

 

 

HONDAやハース氏の新チームの参戦で、

今後、ますます新しい波が起こってきそうなF1界だが、

FIAの最高責任者の、バーニー・エクレストン氏は、

 

 

 

 

「チームが増えるのは歓迎だ」

としながらも、

 

 

 

 

「彼らが実際にレースできるようになるかどうかは、また別の話だ」

と慎重な姿勢を崩さない。

 

 

 

 

というのも、FIAからはこの日、かつて、

F1のジョーダンやスパイカー、フォースインディアなどで代表を務めた、

コリン・コールズ氏も、参戦の意志を示している事実が明らかにされた。

 

 

 

 

「本当に難しいのはこれから」

と、気を引き締めるハース氏の発言は、まさに本音。

 

 

 

 

いづれにしても、アメリカ国内のF1ファンにとっては、

まさに心の底から、「F1 Come Back」 と、

叫びたい心境であることだけは、間違いない事実であろう。

 

 

 

 

 

 

記事一覧!