海外野球情報!

『塁上の格闘技』 禁止のご沙汰と、ファンの良心!

 

 

 

     

 

 

 

 

 

 

野球とベースボール、あるいは、

日本人とアメリカ人のものの考え方の違いなのか...

 

 

 

 

アメリカのメジャーリーグにあって、

日本の野球にないもののひとつとして、

「本塁ベース上の走者と、捕手の衝突」 が挙げられる。

 

 

 

 

日米の高校野球でも、時折問題になるところを見ると、

これは幼い頃から身に付いた、

”慣習” のようなものなのかもしれない。

 

 

 

 

ところが今季、MLBでは、この体当たりプレーの、

”禁止規則” を試験的に導入することになった。

 

 

 

 

そもそも、今回のこの規則改定への動きは、

2年前、サンフランシスコ・ジャイアンツのスター捕手、

『バスター・ポージー』 の大ケガがきっかけとなっている。

 

 

 

 

もともと本塁上のクロスプレーは、

審判泣かせの判定が難しい、”グレーゾーン” の広い領域。

 

 

 

 

この規定では、キャッチャーはランナーの走路を妨害してはならず、

ブロックをする場合は、”必ず捕球してから” でなければならない。

 

 

 

 

一方でランナーは、

”捕手を目がけてのスライディングが禁止” されている。

 

 

 

 

そこで役に立つのが、例のビデオ判定で、

ジャッジに不服が出た場合、まずは審判団が話し合い、

その後、ビデオ判定。

 

 

 

 

今シーズンも、度々ジャッジが覆るケースが見られる。

 

 

 

 

とはいえ、現MLB副会長で規則導入に力を尽くした、

捕手出身のジョー・トーリMLB副会長でさえ、

 

 

 

 

「接触プレーが避けられないケースはどうしてもあるため、

これを完全になくすのは非現実的」

 

 

 

 

と語っているという。

 

 

 

 

ところで、ファンはこれをどう見ているかと言えば、

衝突プレー禁止賛成が44%、反対が56%。

 

 

 

 

本塁での衝突プレーは、好きが53%で、

好きだが選手をケガから守る規則には、

反対しないが33%、衝突プレーは嫌い14%という結果に。

 

 

 

 

「ワクワクはしたいけれど、怪我をする選手を見るのはイヤだ」

とは、ベースボール誕生の地の、”良心” を垣間見た思いがした。

 

 

 

 

個人的にも、日本の衝突プレイは、

少しイキ過ぎだという感はするのですが...

 

 

 

 

 

関連ページ

ダルビッシュ、今シーズンの快投にみる“自己分析&管理能力”の高さ
一度は行ってみたい!アメリカMLBのベスト球場
アメリカMLBのワースト球場は、どこだ?
ヤンキースがイチローを手放せない、本当の理由
“モデルチェンジ”で生き残れ!松坂大輔の『MLBの歩き方』
見た目の悪さと、緻密な運動の妨げで、ゆれる、『安全帽』
田中投手の移籍やダルビッシュ投手の活躍もあり、
ここ最近、日本からの注目も高い、海外野球の情報を掲載しております!
ビッグデータか人間か?メジャーで問われる、監督のIT指向!?
田中投手の移籍やダルビッシュ投手の活躍もあり、
ここ最近、日本からの注目も高い、海外野球の情報を掲載しております!

記事一覧!