海外野球情報!

松坂大輔よ! “モデルチェンジ”で生き残れ!!

 

 

 

     

 

 

 

 

 

 

アメリカのスポーツ専門チャンネル、『ESPN』のウェブサイトによると、

 

 

 

 

ニューヨーク・メッツのテリー・コリンズ監督は、

メジャーに昇格した松坂大輔投手を、

チームの守護神として起用する可能性を、

示唆していることが分かった。

 

 

 

 

松坂といえば、第2回のWBCのMVPを足がかりに、

ボストン・レッドソックスへの大型トレードで話題を呼んだが、

 

 

 

 

横浜高校時代から、先発完投型の、

まさに押しも押されぬ大エースとして、

西武、さらにレッドソックスの各時代を通して、

常に一番に出てくる投手だった。

 

 

 

 

しかし、その彼にも、いよいよ、”モデルチェンジ”

の時が来ているのかもしれない。

 

 

 

 

今シーズン、ニューヨーク・メッツは、

抑えの切り札としてボビー・パーネルを考えていたが、

わずか1試合に登板しただけで、手術のためチームから離脱。

 

 

 

 

急遽その後釜として、過去にセーブ王を三度獲得した実績を持つ、

ベテラン投手のホセ・バルベルデが抑えにまわったものの、

結果は10試合登板し、防御率は5.23と安定感はいまひとつ。

 

 

 

 

苦肉の策として現在、

本来はセットアッパーとしての役割を期期待されていた、

カイル・ファーンズワースがメッツのクローザーを務めている。

 

 

 

 

松坂本人の希望としては、やはり先発投手としての起用だが、

メッツのこうした、”台所事情” を見る限り、

やはりロングリリーフを主体とした登板機会が多くなることが予想され、

 

 

 

 

先発投手としては、あくまでバックアップ投手となる見込みが強い。

 

 

 

 

先発にこだわりがあるのは、

松坂のキャリアを見れば頷けるところだが、

抑えに転向して、いまや全米1のクローザーの呼び声の高い、

レッドソックスの上原投手の例を引き合いに出すまでもなく、

 

 

 

 

日本人投手の高いクオリティは、先発からリリーフ、

そしてクローザーまで、どこでもソツなくこなせる、

”ポテンシャル” を秘めていることだけは間違いない。

 

 

 

 

 

関連ページ

ダルビッシュ、今シーズンの快投にみる“自己分析&管理能力”の高さ
一度は行ってみたい!アメリカMLBのベスト球場
アメリカMLBのワースト球場は、どこだ?
ヤンキースがイチローを手放せない、本当の理由
見た目の悪さと、緻密な運動の妨げで、ゆれる、『安全帽』
田中投手の移籍やダルビッシュ投手の活躍もあり、
ここ最近、日本からの注目も高い、海外野球の情報を掲載しております!
『塁上の格闘技』 禁止のご沙汰と、ファンの良心
田中投手の移籍やダルビッシュ投手の活躍もあり、
ここ最近、日本からの注目も高い、海外野球の情報を掲載しております!
ビッグデータか人間か?メジャーで問われる、監督のIT指向!?
田中投手の移籍やダルビッシュ投手の活躍もあり、
ここ最近、日本からの注目も高い、海外野球の情報を掲載しております!

記事一覧!