海外野球情報!

アメリカMLBのワースト球場!

 

 

 

     

 

 

 

 

 

 

狭い日本の中でも、野球場の雰囲気は、

「街の中にある球場なのか?」

「海や山に近い所にある球場なのか?」

で、ガラリと違わる。

 

 

これがあの広ーいアメリカ大陸の話となれば、

雰囲気の違いだけでなく、

サイズや設備の整い具合いまでもが大きく変わり、

それが評価の違いにもつながってくるようだ。

 

 

今回はあまり評判の良くない、”ワースト3” の球場のお話を。

 

 

 

 

 

 

第3位:ロジャース・センター(トロント・ブルージェイズ)

 

 

 

世界初の可動式屋根が付いた、人工芝の多目的スタジアムで、

メジャーリーグで3番目の大きさが特長。

 

 

「これが見事なまでにアダとなって、大き過ぎる!」

「やたらと広い人工芝が不安な気持ちにさせる!」

などなど残念な意見が多発。

 

 

ひと言で言えば、

「醜い大きなコンクリートの円盤に、ニセの芝が植えられている球場」

と評判は散々。

 

 

 

 

 

 

第2位:タンパベイ・レイズ(タンパベイ・レイズ)

 

 

メジャーリーグ唯一の密閉式ドーム型で、人工芝のスタジアム。

 

雨の多いフロリダだから屋根付きなのだろうが、

暗い照明で見にくく、まるで地下駐車場だという酷評も。

 

 

 

 

 

 

第1位:オー・ドットコー・コロシアム(オークランド・アスレチックス)

 

 

NFLオークランド・レイダーズとの共用のため、

野球の時は上階席が使用されず。

 

 

設備の老朽化が著しく、排水設備が故障しがち。

 

 

少ない観客でいつも寂しい雰囲気の中、

チケット代だけは寂しさを感じさせない高級仕様?となる。

 

 

 

 

 

 

関連ページ

ダルビッシュ、今シーズンの快投にみる“自己分析&管理能力”の高さ
一度は行ってみたい!アメリカMLBのベスト球場
ヤンキースがイチローを手放せない、本当の理由
“モデルチェンジ”で生き残れ!松坂大輔の『MLBの歩き方』
見た目の悪さと、緻密な運動の妨げで、ゆれる、『安全帽』
田中投手の移籍やダルビッシュ投手の活躍もあり、
ここ最近、日本からの注目も高い、海外野球の情報を掲載しております!
『塁上の格闘技』 禁止のご沙汰と、ファンの良心
田中投手の移籍やダルビッシュ投手の活躍もあり、
ここ最近、日本からの注目も高い、海外野球の情報を掲載しております!
ビッグデータか人間か?メジャーで問われる、監督のIT指向!?
田中投手の移籍やダルビッシュ投手の活躍もあり、
ここ最近、日本からの注目も高い、海外野球の情報を掲載しております!

記事一覧!