海外野球情報!

ダルビッシュ、“自己分析&管理能力” の高さ!

 

 

 

     

 

 

 

 

MLBにおいて、今年サイ・ヤング賞候補の、

最右翼に挙げられているのが、

テキサス・レンジャーズのダルビッシュ有投手(27)

 

 

 

 

開幕前に行なわれた、

アメリカの有名スポーツ雑誌、『ESPN』 の記者による投票で、

42人中21人が、ダルビッシュの受賞を予想した。

 

 

 

 

それほど今年のダルビッシュには、

内外からの期待が高まっている。

 

 

 

 

それを証明するかのように、シーズン開幕以降、

ダルビッシュの快投ぶりが続いている。

 

 

 

 

今シーズンのオフ、

彼は順調に、スプリングトレーニングを過ごしてきたが、

開幕目前の寝違いによって、その後の予定は白紙に。

 

 

 

 

当初、「2?3日で大丈夫」 と話していたものの、

なかなか回復の兆しを見なかったため、

開幕前の最後の登板も見送ることとなった。

 

 

 

 

それから初登板まで、実に21日間を要することになったが、

結果は今季初勝利!(7回無失点)

 

 

 

 

だが、球数を少なくし長いイニングを投げることを、

今シーズンのテーマとしている、ダルビッシュにとって、

この試合はイメージ通りの投球ではなかった。

 

 

 

 

昨季終盤から苦しんできた腰の痛み。

 

 

 

 

それが球数を少なくし、長イニングを投げるという、

今シーズンの目標につながるのだが、

腰の痛みからの解放には、

実は彼自身の自己分析能力と、管理能力の高さがあった。

 

 

 

 

彼が気付いたのは日常生活での、「姿勢の悪さ」!

 

 

 

 

この姿勢の悪さをを矯正し、

さらに、腰に負担の掛からないエクササイズを心がけた結果が、

サイ・ヤング賞最有力選手にふさわしい、

今シーズンの開幕からの快投につながっている。

 

 

 

 

 

 

関連ページ

一度は行ってみたい!アメリカMLBのベスト球場
アメリカMLBのワースト球場は、どこだ?
ヤンキースがイチローを手放せない、本当の理由
“モデルチェンジ”で生き残れ!松坂大輔の『MLBの歩き方』
見た目の悪さと、緻密な運動の妨げで、ゆれる、『安全帽』
田中投手の移籍やダルビッシュ投手の活躍もあり、
ここ最近、日本からの注目も高い、海外野球の情報を掲載しております!
『塁上の格闘技』 禁止のご沙汰と、ファンの良心
田中投手の移籍やダルビッシュ投手の活躍もあり、
ここ最近、日本からの注目も高い、海外野球の情報を掲載しております!
ビッグデータか人間か?メジャーで問われる、監督のIT指向!?
田中投手の移籍やダルビッシュ投手の活躍もあり、
ここ最近、日本からの注目も高い、海外野球の情報を掲載しております!

記事一覧!