海外テニスをもっと楽しもう!

ゴールデングランドスラムを手にするのは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本選手がオリンピックで、初めてメダルを獲得した競技は、

何だったか、ご存知だろうか?

 

 

 

 

これが、『テニス』 だとすぐに答えられる方は、

かなりの、テニス好きと推察される。

 

 

 

 

テニスがオリンピックの正式種目になったのは、

1896年にギリシャで開かれた、アテネオリンピックから。

 

 

 

 

それ以前から、すでにウィンブルドンなどの、

大きなテニスの大会が行われていたため、

テニスの知名度は日本でも高かったわけであるが、

 

 

 

 

オリンピックの方は、まだまだ出場国も競技数も少なく、

こじんまりと行われていた。

 

 

 

 

このように、テニス界では4大大会を頂点と考え、

オリンピックは、その次のランクとされていたため、

国際オリンピック委員会と次第に折り合いが付かないようになり、

やがて、オリンピックの舞台から降板。

 

 

 

 

しかし、その半世紀後に、五輪憲章の見直しが行われ、

アマチュア選手のみが出られるという憲章が外されて、

プロ選手の出場が可能になった事から、

再びテニスが正式種目として復活した。

 

 

 

 

オリンピックは毎回、全英と全米オープンの間に開催され、

特に、全米オープンには日程が近いことが多い。

 

 

 

 

全米オープンは、4大大会の中でも最も観客数や賞金が多く、

世界最大のテニストーナメントと言われている。

 

 

 

 

そのため、選手の間では、

オリンピック離れがおこっているのも事実である。

 

 

 

 

しかし、すでに4大大会を制し、オリンピックでも金メダルを取って、

史上初の、『ゴールデングランドスラム』 を狙っている選手もいる。

 

 

 

 

 

 

関連ページ

奇跡のダブル・ハッピー!!確率的には非常に稀な元ランキング王者
最速サーブでエースを狙え!史上最速のビッグサーバーは誰だ?
世界が見守る“カエルの子”は、いったい何になる?
錦織圭選手が日本人初の世界ランク、”1桁” となったこともあり、
かつてないほどに注目を集めている、海外テニス。
海外テニスをもっと楽しめるよう、様々な情報を公開しています!

記事一覧!