海外テニスをもっと楽しもう!

史上最速のビッグサーバーは誰だ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノータッチ・エースでサーブを決める!

 

 

 

 

これを武器に持つテニスプレーヤーは、

やはり、かなり有利に闘いを進められることに間違いない。

 

 

 

 

では、このテニスのサーブ、

最速スピードはいったいどれ位なのだろう?

 

 

 

 

テニスのサーブ速度でギネス記録を持っているのは、

男子はアンディ・ロディックで、

彼が繰り出すサーブの速度は、”時速228.8キロ”

 

 

 

 

女子は、ビーネス・ウィリアムズとベサニー・マテックで、

共に、”192.0キロ”

 

 

 

 

近年のラケットの進化によって、

このサーブ速度は毎年上がる傾向にあるが、

その結果ノータッチ・エースが激増し、

試合がやや淡白になりつつあるのも事実である。

 

 

 

 

サーブの速度が正式に記録されるようになったのは、

1991年から。

 

 

 

 

それ以前も、サーブの速さは計測されてはいたが、

すべて非公式のもので、その測定値も大会ごとにバラバラだった。

 

 

 

 

正式な計測が始まった頃、

時速200キロという数字は、なかなか出なかった。

 

 

 

 

しかし1990年代後半になって、

サンプラスや、イバニセビッチの登場によって、

一気に最速スピードがアップ。

 

 

 

 

このふたりは共に、時速220キロを越すスピードサーブの持ち主で、

90年代前半は、時速200キロもやっとだったのを考えれば、

いかに、このふたりのサーブが速かったのかが分かる。

 

 

 

 

この90年代はビッグサーバーの時代と言われており、

とにかく、ほとんどの選手が速いサーブを打つ、

ビッグサーバーだった。

 

 

 

 

松岡修造が活躍できたのも、まさに、

この時代に合わせたプレースタイルだったからだと言われている。

 

 

 

 

 

 

関連ページ

奇跡のダブル・ハッピー!!確率的には非常に稀な元ランキング王者
名誉ある、初の、“ゴールデングランドスラム” を手にするのは?
世界が見守る“カエルの子”は、いったい何になる?
錦織圭選手が日本人初の世界ランク、”1桁” となったこともあり、
かつてないほどに注目を集めている、海外テニス。
海外テニスをもっと楽しめるよう、様々な情報を公開しています!

記事一覧!